【手動トラリピ】今日の14:00までは調子良かったんですが…首相辞任で円高に【やっぱり裁量ムリ】

みなさんこんにちは。

先日こんな記事を書きました。

【手動トラリピ】8月も投資額に対する月利1%を達成!あと1週間でもう一声を期待【リスクオン】

 

8/25(火)時点では「投資額に対する月利1%」を達成したということを書きましたが、「口座残高に対する月利1%」も達成することができました!

ただ、本日2020年8月28日14:00。安倍首相辞任のニュース速報から状況は一転…。

現在はるかぜは、みんなのFXで

・CAD/JPY

・USD/CHF

・AUD/NZD

・MXN/JPY

・EUR/JPY

の5通貨ペアで手動トラリピを運用しています。

トレイダーズ証券[みんなのFX]

 

口座残高に対する月利1%を達成

昨日(8/27)から今日(8/28)の午前中まで、大変良い調子でした。この期間で、

  • CAD/JPY:2,599円
  • AUD/NZD:2,252円
  • USD/CHF:2,335円

合計7,186円の決済利益。これにより、

  • 口座残高:5,933,614円
  • 8月の決済利益:62,294円

となりましたので、見事口座残高に対する月利1%オーバーを達成できました。

 

本日14:00から状況は一変

安倍首相の辞任がニュース速報で流れた瞬間、調子の良かった通過ペアがすべて嬉しくない方向に。

CAD/JPY・AUD/NZD・USD/CHFのすべてのポジションがマイナスになってしまいました。

その時のつぶやき。

はるかぜの単純な頭では、

「安倍首相辞任」→「日本の政治が不安定要素に」→「円売り」→「円安」

ではないかと思っていたのですが、どうやら違うようです。

「安倍首相辞任」→「株安」→「円高」

???

はるかぜはこのへんの知識もセンスも、絶望的に皆無でございます。

 

結論:FX裁量ははるかぜには向かない

今回の安倍首相の辞任によって、はるかぜはさらに「ああ、裁量はムリだ」と思い知らされました。

裁量では大きく分けて「テクニカル」と「ファンダメンタルズ」の2つのアプローチの仕方があると思うのですが、特に「ファンダメンタルズ」については予想もできないですし、法則もよくわかりません。

 

いつトランプさんがtwitterでデカいつぶやきをするかもわかりませんし、いつテロが起こるかもわかりません。

さらに、

  • 有事の場合は日本円が買われる→円高
  • アメリカ雇用統計の結果がいいとドルが買われる→ドル高

といった基本的なことがあると思うのですが、いつもそうとは限りません。

 

はるかぜ的には「ルールが確立されていない」と感じてしまいますし、同じように感じる投資初心者の方も多いのではないかと思います。

 

そんなはるかぜにはやはり「相場観」「相場予測」などがいらない、トラリピが合っているんだろうなとつくづく考えました。

 

含み損がたまっていますが、今日の夜にまた一波乱あるかもしれません!注視しながら8月を無事終えたいと思います。

 

今日もお読みいただき、ありがとうございました!